2016年3月29日火曜日

アノマロケリス(2016)


 アノマロケリス アングラータ
Anomalochelys angulata

作品サイズ 全長 16cm
縮尺 約1/6

 北海道・穂別町(現むかわ町)で発見された
白亜紀後期のリクガメです。学名の由来にもなった
甲羅の前部の1対の突起が一番の特徴です。
首は甲羅の中に引っ込める事が出来るのですが、
頭は甲羅の中には入れられないと推測され、その頭の防御も
甲羅の突起の役目の一つと考えられます。
また、中国で発見されているアノマロケリス属と考えられる
化石に残された頭骨では、頭の上部が比較的頑丈になっており、
甲羅の突起でカバー出来ない頭部の上面の防御に
なっていたとも推測されます。

甲羅の突起が目立ちますが、カメらしく無い頭骨形状
(カメとしては吻部が長く、眼の位置がより後ろにみえます)や、
腹甲の甲板線の走り方等に独特の特徴があります。



模型製作にあたり、 アノマロケリス アングラータの
記載・命名者であり、「カメのきた道」の著者でもある
平山廉先生に沢山のアドバイスと貴重な資料を頂きました。
 また、カメの特徴の捉え方、カメらしさのツボ等は
カメ造形の経験の多いアクアプラント・守亜さん、
鰐亀流工房・えのさんにアドバイスを頂きました。







アノマロケリス標本展示(穂別博物館