2014年8月27日水曜日

パキリノサウルス (2014)


Pachyrhinosaurus lakustai
パキリノサウルス ラクスタイ

北米
全長 約6m
白亜紀後期

模型サイズ 45cm
縮尺 約1/12


パキリノサウルスは、最初に記載されたカナデンシス種がやはり有名ですが、今回はパキリサウルス属として2番目に2008年に記載されたラクスタイ種を造形しています。頭部のフリル付け根正中の角が特徴です。
 :
主な資料
  ・”The Facial Integument of Centrosaurine Ceratopsids: Morphological and Histological Correlates of Novel Skin Structures”
TOBIN L. HIERONYMUS, LAWRENCE M. WITMER,DARREN H. TANKE, AND PHILIP J. CURRIE  (THE ANATOMICAL RECORD 2009)

ブロントサウルス・旧復元(2014)

ブロントサウルス・旧復元
縮尺 約1/30

 20世紀前半に活躍した古生物画家・チャールズ・R・ナイトが
シカゴ・フィールド博物館の依頼で1930年代に描いた壁画を立体。

 シカゴ・フィールド博物館にて2012年に撮影




2014年6月9日月曜日

ディメトロドン (2014)



ディメトロドン・リムバトゥス
Dimetrodon limbatus

北アメリカ
ペルム紀後期

作品サイズ 全長30cm
縮尺 約1/8





 閉口時に歯がワニのように外側に露出しない、
いわゆる「トカゲ型」の表現にしていますが、
上顎の特に長い歯は上手く収まらず。
下顎の丁度その歯に対応する部分が少し
括れているのが、スミロドンに似た感じでもあるので、
長い歯はスミロドンの剣歯と同じく、外側に露出する
表現にしています。

2014年2月1日土曜日

シノメガケロス(ヤベオオツノジカ)


Sinomegaceros yabei 
シノメガケロス・ヤベイ
日本
更新世・後期
模型サイズ 35cm
縮尺 約1/8

ヤベオオツノジカは和名で、学名はシノメガケロス・ヤベイ。
日本で最大のシカの仲間とされています。
化石も日本各地で発見されており、多くの博物館に
復元骨格が展示されています。
オオツノジカとして有名なメガロケロス・ギガンテウスとは
別属とされます。

今回は、角の保存状態が一番良いとされる
上黒岩産標本を含む複数個体を基に組み立てられた
国立科学博物館の展示骨格ベースに製作しています。




その他、ヤベオオツノジカについて